So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

チーム学校についての個人的見解 [教育雑感]

「チーム学校」がいろんな所で言われている。
うちの学校でも来年度から、その取り組みをするみたい。

教科担任制、合同授業、交換授業・・・いろんな方法ができると思うのだけど、多分、方法論ではうまくいかない気がしている。

まずは、教師の意識改革から。


私は初任者の時、理科専科だったので、どのクラスの子どもにも関わることからスタートした。
慣れない理科専科で不安いっぱいの私を担任の先生方や指導教官の先生がずいぶんサポートしてくれた。理科の教材研究も一緒にしてもらったことを覚えている。

異動した年、荒れた学年を受け持った。
ものすごく力のある先生と組ませていただき、その先生が「学年で子どもを見る」という方針で、学年集会やら合同授業など、学年での取り組みをたくさんした。
荒れはすぐに収まり、とても充実した1年だった。
その先生は授業の達人で、よく授業を見せてもらったし、自分のクラスでも授業をしてもらった。
学年集会の指導も素晴らしく、子ども達を惹きつける指導を間近で学ばせていただいた。
音楽や運動会のダンスでは私も指導させていただき、自分の得意なことを任せてくれた。
「学年団で子どもを育てる」ことをやるうちに、子ども達はすっかり落ち着き、切磋琢磨しながら仲良くなった。学年末には、保護者も一緒に有志で横浜の蚕博物館へ行ったほどだった。
この1年が私のスタンダードになっている。


岡山に帰っての赴任先の学校は当時、結構大変だったのと、自分の力不足でうまくいかないことだらけだった。そんなとき、主任の先生がずいぶん支えてくれた。学年の指導を一手にしてくださり、本当に心強かった。


前任校は大規模校。集団を動かすノウハウは前任校で学んだ。
若手と組むことが多く、指導の足並みをそろえることを優先した。
中堅として、若手と主任の先生のパイプ役になることを心掛けた。
学級だよりを出すことをやめたのも前任校。
ここでも指導力のある方と学年団を組ませていただき、華麗なまでに集団をまとめ、高める指導を間近で学ばせていただいた。
それぞれの役割がはっきりしていて、「仲のいい学年団ですね」と保護者にも言われるほどだった。



そんな教師としてのライフヒストリーの中で、自然と「チームで子どもの指導にあたる」ということが身に付いてきたと思う。
正直、素晴らしい学級を作ることにあまり興味がない。(というか、そんな素晴らしい学級にできない僻みかもしれない^^)
それより、学年主任という立場も手伝って素晴らしい学年団を作ることに力を注いでる。


自分のクラスさえよければいい、ではだめだと思う。子ども達はそういうところをよく見ている。
子どもは「不公平感」を抱きやすい。
「隣のクラスはずるい」という不満が荒れにつながる場面にたびたび直面してきた。

どのクラスの子にも平等に声をかけ、指導する。
それがまわりまわって自分のクラスに還元されるというおまけもついてくる。
自分のクラスに安心感があり、満足できるようになると、自然と他のクラスのことを言わなくなるものだ。


一人で抱え込んで対応するのではなく、みんなで子どもを見れるようになると本当に心強い。
それぞれの先生の強みを生かした学年経営をすることこそ、やりがいを感じ、生き生きと仕事ができるのではないかと思う。
そして学年団で指導することを共通理解しておくことで、クレームや不満が格段にへる。
結果、余計な生徒指導で時間を取られなくて済む。


学級担任より学年担任。
「チーム学校」を成功させるには、その意識を教師がどれだけもてるかに尽きるのではないかと思う。


色々思い入れがありまして、熱く語ってしまいました^^;)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

メリットがあるからする [本・絵本]

人は「メリット」で動く。
今、自分がやっていることはすべてメリットがあるからそうしているのだと思う。


一人で暮らしているのも、仕事ばかりしているのも、ご飯を食べすぎたこともすべて。
注目行動を取ってしまう子も、人の目が気になる子も、大人しい子もすべて。

その子にとってその行動はどういうメリットがあるのかということを考えている。
なぜゆえにその行動をしてしまうのかにその人の思考が表れる。
その人がどういう思考をしているのか想像力を働かせることで見えてくることがある。
(ちなみに私は自分を守ろうとするゆえにとる行動が多いんだけど)

一見、ネガティブな出来事も、その人にとって何らかのメリットがある。
結局のところ、自分がすべて引き寄せているのだと思う。
ものすごいシンプル。



行動分析学の本も面白かった。

メリットの法則 行動分析学・実践編 (集英社新書)

メリットの法則 行動分析学・実践編 (集英社新書)

  • 作者: 奥田 健次
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/11/16
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

見方・考え方を磨く [学校・教師]

人それぞれでとらえ方が違う。
私から見た見方、相担から見た見方、管理職から見た見方、その他の同僚から見た見方。
色々な人の話を聞いていると、色々な考えがあって難しい。でも面白い。

えー、それは違うよ。
と言いたくなることが結構ある。
つい、自分が正しいと主張したり、相手を説得しようとしてしまうけれど、でも、その人から見ると、そう見えるのだから仕方ない。

私の見方が絶対正しいとも思わない。
でも、結構自分は「見ている」方だと思っているから、つい自分の正しさを主張してしまう。



結局、自分の見たいように見ているし、自分のことを認めてほしいのだと思う。
私がそうであるように、他の人もそうなんだと思う。


人は変えられない。変えられるのは自分の見方・考え方・解釈の仕方だ。
自分への確固たる信頼があれば、他者の声に一喜一憂することもなくなる。
ハッピーでいられるように自分の見方・考え方を磨いていきたい。



なーんてことを考えた職場飲み会。
来年の人事予想の話題です(笑)
みんな好き勝手言っててほんと面白い。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

百人一首で仕掛ける [学校・子ども]

あっという間に1月が終わりました。
最近では相互理解が進んだのか(?)小さなことはあるものの穏やかに過ごしています。

体育の跳び箱で教え合ったり、休み時間にバカなことをして笑ったり、算数で分からないところを教え合ったり、できていないこともたくさんあるけれど、子ども達の姿を見てほっこりしています。


特に何も大きな行事がない3学期。ここにきて崩れるパターンもあるので、何か楽しくできるものをということで、百人一首を仕掛けました。
これがビンゴ!

私は国語担当なので、国語の時間には毎回百人一首をするようにしています。
https://www.excd.jp/fuda/kimariji.html

一枚札の7枚からスタートして、二枚札、三枚札と増やしていきます。
東京の阿部肇先生に教えていただきました。

かるたは手作りで、それぞれに色をぬっていきます。
とってもかわいいカードを見つけたので、それを使わせてもらっています。
https://creativepark.canon/jp/contents/CNT-0010718/index.html


一枚札(青)、二枚札(黄色)、三枚札(赤)、その他有名なもの(緑)
の4色に分けました。100枚は時間もかかるし大変なので、50枚くらいにしました。

まずは、青の7枚だけ。遊び感覚で楽しんでやっていました。
次に、黄色の11枚を増やしていきます。
1回2~3分で十分できるので、それを人を変えて3回くらいします。
男女一緒にできるのも楽しいみたいです。

思いのほか、盛り上がっているので、クラス対抗で百人一首大会をすることにしました。
古文への興味をもってもらえたらうれしいです。
(という、自分は古文は本当に嫌いでした。百人一首も全然覚えられなかった人です^^;)

やっぱり毎日の授業を楽しくすることが大事だなと改めて感じています。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

限界突破 [日々のできごと]

あけましておめでとうございます!
年末年始は家でのんびり過ごしました。

紅白も最後まで見ました。
MISIAもSuperflyも菅田将暉も竹内まりやもよかったけど、やっぱり氷川きよし!!
カッコよかったー!!
自分の殻を破るというか、本来の自分に戻ったという感じ。生き生きしていて、見ていて元気になりました!

私も自分の殻を破れたらいいな。
2019年はなかなか刺激的な1年でした。
苦しいこともあったけど、楽しい1年でした。
ちょっとは成長できたなという実感もあります。

結局のところ、私自身の在り方が全てなのだと確信しています。
出来事をどのように解釈するかが大事で、自分の歪んでいるところにちょっとずつ気づき、ちょっとずつ修正しているところです。


元旦初日の出は、福山へ。
いつもは秋葉山に登って初日の出を見るのですが、今年はやっぱり一番お気に位入りの福山に登ることにしました。
鮮やかな幕開け。登る朝日にパワーをたくさんもらいました。

2020年はもっと軽やかに、もっと楽しんで毎日を過ごしたいです!限界を決めつけているのは自分。
私も限界突破するぞー!!
ということで、今年もどうぞよろしくお願いします!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

与那国島&波照間への旅 [旅・おでかけ]

80887295_2787821214597093_1731145895036059648_n.jpg
81442374_2787820897930458_5725829422959820800_n.jpg

恒例の年末ご褒美旅行に行ってきました!
今年は石垣&与那国島&波照間&小浜島の沖縄離島めぐり。

与那国島も波照間も遠かったけど、最南端と最西端を制覇しました!
与那国島は力強くて男性的な島という印象を受けました。ゴツゴツした岩場が多く、あちこちに与那国馬が放牧されていました。
とにかく風が強かったー!

波照間島はのんびりした感じ。
曇り空でキレイな海も星空もおあずけになってしまいましたが、それでも波照間のニシ浜は美しかったです。
晴れてたら何時間でも砂浜でぼーっとできそうです。
また来たくなる島というのが分かります。

与那国島までは飛行機で行ったからよかったけど、波照間は船。
行きの船は大丈夫でしたが、帰りの船が揺れに揺れてアウト。
トイレに4回くらい駆け込み、死にそうになりながら着きました。やっぱり船は苦手・・・。

石垣牛の焼肉、八重山そば、琉球料理など美味しいものいーっぱい食べて、自然を満喫して、雨の石垣も経験して楽しい旅行でした♪

81046787_2787834814595733_5818714408632713216_n.jpg
今年も残すところあと2日。
旅の余韻に浸りつつ、お掃除して新年を迎えたいです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

子どもの同士の関わりで育つ [学校・教師]

2学期も終わりに近づきました。
1学期の頃に比べると、ずいぶん成長したという部分と、まだまだだなという部分がありますが、
穏やかに過ごしています。
ここに来て子ども達の人間関係にも変化が。

うちのクラス、男女がぱっかーんと分かれていたんです。
1学期のころは、「男女がもっと仲良くなれるといいよね。」みたいな話をしていたのですが、最近はすっかり仲良くなって、休み時間も遊んだり、給食も自然と班にして食べたりということが見られるようになりました。

私は何をしたかというと・・・・何もしていません。


もう一つ。すぐネガティブなことを言ったり、悪口を言ったりする子がいて、ずっと「それはだめだよ」と言い続けてきたのですが、あまり変化がなく。
でも先週、「俺が悪口ばっかりいってたら嫌われるよな」というような話を友達としていました。
随分、表情も柔らかくなり、意地悪が減りました。


私は何をしたかというと・・・・・もちろん何もしていません。

まぁ、日常的に口やかましくあーだこーだ聞きたくもない話はしましたが、教師が何とかしてやろうと思って動いたことでいい結果になったことは本当に少ないです。

子どもは子ども同士の関係の中でいろんなことに気付いていくんだろうなと思います。
一見トラブルに見えることの中に成長のたねがいっぱいあるわけで、ひたすら子どもの気持ちを受け止めることの方が大切な気がします。

時間はかかるけど、自分で気づいたことしか身に付かないということは私自身にも言えること。
本当に私ができることなんてちっぽけなことなんだと思う今日この頃です。


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

駆け抜けた11月 [学校・子ども]

あっという間に12月。
この1か月は本当にドラマのような1か月でした。
学芸会も無事終了。やり切りました!!
劇は「エルコスの祈り」をしました。子ども達にぴったりのテーマです。
子どもにとっても保護者の方にとっても心に残るものになったようでうれしいです。

最近は、子どもにいじられまくりですが、もうそんな私でもいいやと開き直って楽しんでいます。
かっとなることが格段に減りました。
多分、なぜかというと、きっと私の考え方が変わったから。
「~すべき」思考がへり、必要以上に自分を責めることがなくなりました。
プラスの面だけではなく、マイナスの面も含めて、子ども達を受けとめることができるようになったのは、きっと自分の軸がしっかりしてきたからだろうと思っています。

これからもトラブルもあるんだろうけど、どうせよくなると思っている自分がいます。


だからめちゃくちゃ一生懸命やったけど、気持ちが軽やかでした。
いい意味で力が抜けてきたのだろうと思います。

軽やかに目の前に起きることを楽しむ。
子ども達と笑顔で過ごせる毎日に感謝する。

教師の考え方、あり方ひとつで世界は大きく変わるんだと思います。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

雨だからこそできること [日々のできごと]

おはようございます。美星町にてネイチャーゲームに参加してきました。
美星町だけにキレイな星空が見えると思ったのにあいにくの天気( ノД`)
それでも晴れ女パワーで大した雨も降らず、しかもちょっとだけ星が見えて、ステキな時間を過ごすことができました。

夜の美術館のアクティビティ。
写真の枠にいいなと思うものを飾ります。ライトアップしてとってもキレイ。今回はどんぐりくんも置きました。
水滴が光に反射してすごくいい感じ。
70675887_2573723406006876_7695787323698446336_n.jpg

71281504_2573723469340203_4740406909843013632_n.jpg

バッタも額に入り込んできて、素敵な1枚になりました。
71818155_2573723459340204_5409285698974908416_n.jpg


次の日の朝は木についてのレクチャー、ヨガ。
私は疲れていたみたいで、シャバーサナのポーズで熟睡(笑)

ミクロハイクで雨やどりしているカエルを発見!感動しました。
70859257_2573723392673544_3471314090431873024_n.jpg


目かくしウォークでは、裸足で。
雨か降っているのでまたいつもとは違う感覚を味わうことができました。普段雨の日に裸足で歩くことなんてないから余計に新鮮でした。


私、晴れ女を豪語してますが、それって雨を嫌っているわけで。
今回の雨で、雨だからこそできる楽しみがあることに気づかせてもらいました。
晴れ=よい
雨=残念
という考えは世界を狭めるものだと感じました。
まさに陰陽の法則。
もう雨を厄介者扱いするのはやめます。

雨を楽しむ、苦しい時期を楽しむ、すべては表裏一体でよい・悪いはなく
ニュートラルな自分でありたいと改めて感じました。
自然からたくさんのことを教えてもらった2

スタッフの方も参加者の方もみんなあたたかい方ばかりで、楽しい時間を過ごせました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

比例の研究授業 [授業実践]

この1週間はどっぷり算数。
校内研究で授業をしました。お隣の先生たちの模擬授業をしたり、自分の授業の準備をしたり、連日午前様。働き方改革はどこへやら?の状態ですが、やっぱりがんばった分、得られるものも大きいです。

私は長方形の横の長さと面積が比例関係かどうかを3つの方法で調べるというところをしました。
導入をデジタル映像で見せて視覚的に分かりやすくしたり、3つのカードを3色にしたり、ちょっとした工夫で意欲を高めることにおそらく成功。

自力解決のあとは、グループ学習です。
それぞれ自分の方法を説明したり、分からないところを教え合ったりして課題解決をしました。
全員説明できたら黒板にマルをつけにくるようにすることで、それぞれの状況も分かりやすくなりました。

全体での話し合いはどちらかというと確認。
それぞれの方法を説明してポイントをおさえてまとめました。

適用題は、3つの方法のどれかを選択して解くものにしました。
最後、子どもの振り返りで「問題に応じてどの方法がいいかを選ぶのが大事だと思った」という間奏があって、ずばり言ってほしいことが出て個人的には満足でした。
グループの学び合いや説明のさせ方はまだまだ・・・。このあたりが課題です。

明日は全体研。夏休みからがんばって指導案を練ってきましたが、どうなるかなぁ~。
うまくいくといいな。
「何のためにするのか」が授業者の腑に落ちていることが大事だなぁと思います。

いつもは授業のことを話す時間があまりとれないのだけど、やっぱりこうやって一つの授業をあれこれ言いながら創っていくのが私は本当に好きなんだなぁと改めて感じました。

風が強くて貼り物が浮いてしまって大変だったけど本時の板書です。
そして後で気づいた、変わらないの「ら」が抜けてる!!
やっぱりおっちょこちょいを発揮しちゃいました。^^;)
70455797_2567807699931780_7065950032100327424_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | -